社会科目に関する受験問題傾向と対策。挑戦者は必見

対策

社会も他の科目同様に教科書を用いた基礎知識の定着が重要な鍵となります。
その際、知識を個別に覚えこむだけではなく、地図帳や年表、資料集などを積極的に利用して、個々の出来事がどのように関連しているか、体系的にまとめていくように心がけましょう。
地図や図表は例年のように出題されているので、日頃の学習の中で十分慣れておきたいですし、統計も最新のものを確認し対策と心構えを養っておきましょう。
また、新聞や、ニュースなどを通じて現代の社会の動き、課題や国際問題などを知ることで、各分野の総合的な学習が可能です。ぜひ実践しておきましょう。
最後に、問題演習に慣れることで出題の意図や傾向を知り、その後の学習につなげるようにすることも大切です。

傾向

問題構成は三分野の基礎事項が1題と地理が2題、歴史・公民が各1題、さらに融合問題が1題というものです。 1は三分野の基礎事項からなる問題で小問形式となります。
2・3は地理となり、それぞれ世界と日本の自然や産業について、地図や統計を用いて問うものが中心となっています。
4は歴史で、古代から近代まで一つのテーマを取り上げて展開していきます。
5は公民分野で、国際関係を背景とした政治や経済・福祉に関する問題となります。 そして6は各分野にわたる総合問題となります。地元東京都に関しての問題にも注意しておきましょう。