東京都立高校の化学の受験対策と傾向です。

対策

出題の範囲でも、難易度でも、教科書レベルを超えることはないので、教科書のマスターが最重要課題といってよいでしょう。
知識的な項目を覚えていく事はもちろんのこと、実験や観察を通して求められる理科的な思考力を身につけていくことが重要となります。具体的には、その目的・手順・使用器具・操作の留意点・結果・考察のそれぞれについて、図やグラフも含めて、自分の「受験対策理科ノート」にまとめていくと効果的です。
テストや問題集に出た問題をノートにフィードバックさせていけば、自然に重要なポイントが見えてくるでしょう。

傾向

生物・地学・物理・化学の4つの分野から2・3問、合計11問の出題で、特定の分野にかたよることなく、バランスよく出題されているのが特徴です。
その中で「電流とそのはたらき」「化学変化」など、理解度の差が現れやすい第1分野の重要単元については、連続出題される事が毎年予想されます。
第2分野でも「地球の運動と天体の動き」「前線と天気図」「動物の行動と生命維持の仕組み」などは同様なのでしっかり理解しておきましょう。
いずれの分野でも実験の経緯や観察結果の考察が問われることが多く、また記述式解答問題や作図問題も多く出題されているので十分に対策を練っておきましょう。